top of page

伝言板

皆様、新しいHPはいかがでしょうか。これから更に良いHPになる様、メンバー一丸となって頑張っております!

本日の投稿担当、横山慎吾です!

今回は先日終演しました「公開収録」の様子をレポートさせていただこうと思います。放送は2018年12月09日19:00からです。

さて、私なりに感じる公開収録とライヴ・コンサートの違いを綴ってみたいと思います。


私が感じる公開収録とライヴの一番の違いは「緊張と緩和のバランス」です。

普段のライヴ・コンサートでも一期一会の緊張感は勿論ありますが、それだけでは息が詰まってしまいます。

ライヴでは私達フォレスタの素の雰囲気も一緒に味わっていただきたいので、リラックスというのも大事な要素の一つになっています。

一方で、公開収録では番組と同じく、音楽そのものをきちんとお届けする事が求められる為、いつもの舞台とは、また違った緊張感が生まれます。

だって、もし万が一頭が真っ白になって、歌詞が出てこなかったりしたら、それがそのまま放送されてしまうかもしれません!それは困ります(^^;)

他のメンバーはさておき私にとってはそう言った緊張も全くないとは言えないのです。

違いはそれだけではありません。現場スタッフの皆様の総数も大きく違います。

コンサートでは機動力が必要な為、少数精鋭で全国各地を回らせていただいておりますが、公開収録ではいつもの倍…いえ、それ以上の方々がそれぞれの部署でプロの仕事をしてくださっています。実は本番当日には中継車も出ているんですよ!

そうした本番の度に「私達フォレスタは多くの方々に支えられている」という事に感謝せずにはいられません。


10月も下旬。今年も2ヶ月ちょっとで終わりますね。

しかしコンサートはまだまだ続きます!

皆様の音楽にフォレスタが寄り添えますよう、日々精進して参ります。

今後とも変わらぬ応援、宜しくお願い致します!


京都への移動中の新幹線より、皆様へ。

P.S. 本日の一枚。終演後、初めての公開収録での緊張から解放された新人3人組、吉田和夏さん、吉田明未さん、三宅里菜さんとの一枚です!

bottom of page