top of page

メンバーから皆様へ

本日の担当は、三宅里菜です🌷 さて、今日は福井県の逸品をご紹介! 少し前の話になりますが、去年福井に里帰りした際に父に誘われて、越前市にある龍泉刃物に包丁を見に行ってきました。 こちらの龍泉刃物、知る人ぞ知るナイフで、「フランス料理のワールドカップ」と評される国際的な料理コンテストで日本の代表チームがカトラリーセットを持参したそうなのですが、この時に用意されたカトラリーがあまりにも切れ味がよく、素晴らしかったので、審査員のなんと約半数の方が持ち帰ったそうです。


お料理のコンテストなのに、そこで出されたナイフが注目され一躍有名に!!


私も以前フランスに旅行した時に、龍泉刃物をデパートで見つけてその浸透度にびっくりしました!


そしてこのカトラリーセット、何年か前にいち早く情報をキャッチした父は、予約をしたそうですが、その時ですら2年待ちで手に入れたのだと話しておりました…(すごい人気だ…)


今回、今現在の待ちを聞きましたら、3年待ちで、今は新規の予約を受け付けていないとのことでした…す、すごい。


この日父はというと、自分のための包丁を買うと意気込んでおり、たくさん並べて悩んだ末にとっても素敵な包丁を購入していました。

(因みにその包丁は父以外の人は触るの禁止です笑。)

試し切りをしてみましたが、これは油断したら指が無くなるのでは?というほど硬いニンジンがスッと切れてしまい、しかも断面は滑らか!!! これがホンモノとの違いなのか?!と、ホームセンターで買った包丁を日々愛用する私は驚き桃の木山椒の木でした🙄 …今回も故郷自慢でしたが、職人さんが丹精込めて作るものは受け取る側も気合が入りますし、ずっと長く使えていいなぁと、、、、 夜ご飯を作っているときに鶏肉の皮がなかなか切れなくて、あの時体験した切れ味をしみじみ思い出していました。 次に行く時には、私もホームセンターの包丁を卒業して逸品を手にしたい!😆👏🏻 皆さんの故郷にはどんな自慢がありますか? ぜひ教えてください😊✨


bottom of page