メンバーから皆様へ

鬼は〜外!福は〜内!


みなさん!こんにちは!竹内直紀です✨

本日は節分ですね。


節分は元々季節の分かれ目、四回あるのですね。それが日本では立春が1年の始まりという重要な日で、だんだんと節分といえば春という認識となって、これが現在の節分の由来だそうですね。

今ではすぐにスマホで調べることができるのでとても便利です😅


この節分で思い出すのはいつも

「節分の鬼」

というお話です。

以前にも伝言板で一度お話したことがあります。


「鬼は〜内 福は〜外」


と叫ぶと豆をぶつけられた鬼たちが家にやってくるというお話です(怖いお話ではありません)

山形県や新潟県にも同じようなお話があります。

ぜひぜひ見てほしいのは


まんが日本昔ばなし「節分の鬼」


数ある日本昔ばなしの中でも三本の指に入るぐらい大好きなお話です😊

見るたびに涙が出てきます🥲

見終わったあとにはなんとも言えない気持ちになって明日から僕も頑張ろうと思ってしまいます。

今でもYouTubeで見ることができますよ。

よかったら見てくださいね!


そして外せないのは


童話「泣いた赤鬼」


これはオペラ化もされていて一度フォレスタでも大阪と東京で上演しました!


日本の素晴らしい風土と文化を歌い継ぐ、というテーマのもとに活動している私たちですので、こういった素晴らしい童話も後世に残していきたいですね。

子どもにお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に見てほしい作品です!

またいつかフォレスタでも上演する機会があればいいなぁと思います。

以前の伝言板に簡単なあらすじを載せましたので、ここにもう一度載せておきますね😊


それではみなさん!

まだまだ厳しい状況ですが、心豊かに頑張りましょう!


コロナ〜外!福は〜内!!!


またお逢いしましょう!

竹内直紀でした!

「泣いた赤鬼」 とある山に、人間と友達になりたいと願っている赤鬼が暮らしていました。 「心の優しい鬼の家です。どなたでも遊びに来てください。お茶もお菓子もあります。」と書いた立て札を家の前に立てましたが誰も立ち寄ってはくれません。 赤鬼は信用してもらえないことを悲しみ、ひとりで落ち込んでいると、そこに友達の青鬼がやってきて、ある提案をします。 それは「青鬼が人間の村へ行って大暴れし、そこに赤鬼がやってきて青鬼をこらしめる。そうすれば人間たちは赤鬼が優しい鬼だと理解してくれるよ」というものでした。 作戦は無事に成功し、それ以降、赤鬼の家には人間たちが遊びにくるようになります。赤鬼は楽しい日々を過ごすことができました。 しかし、あの日ふと青鬼のことが気になった赤鬼が青鬼の家を訪ねてみますが、誰かがいるような気配もないのです。「赤鬼くん、このまま僕と友達でいると、君も悪い鬼だと思われてしまう。僕は旅に出る。君のことは忘れない、いつまでも友達です」と書いた手紙が置いてありました。 赤鬼は何度もその手紙を読み、涙を流したのでした。 おしまい

☆今後の演奏会予定☆


2022年2月4日 (金)

14:00開演(13:30開場)/19:00開演(18:30開場)

*昼夜の2公演(プログラムは同じです)

【サロン・ド・フォレスタ・コンサートシリーズ 歌のブーケvol.1】

場所:アクロス福岡 円形ホール

住所:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目1番1号 8F

お問い合わせ:カンフェティチケットセンター

0120-240-540(平日 10:00~18:00)



2022年2月9日(水)開演14:00(開場13:30)

【男声フォレスタコンサート in 若葉台】

場所:稲城市立iプラザホール

住所:〒206-0824 東京都稲城市若葉台二丁目5番地の2

お問い合わせ:稲城市立iプラザ

042-331-1720(10時~19時※休館日を除く)



2022年2月23日(水・祝)開演13:30(開場12:30)

【フォレスタコンサート in 東京文化会館】

場所:東京文化会館